粉雪 - レミオロメン



粉雪舞う季節はいつもすれ違い
總是錯過細雪紛飛的季節

人混みに紛れても 同じ空見てるのに
就算人潮擁擠紛亂 我們還是看著同一片天空

風に吹かれて 似たように凍えるのに
卻還是像被風吹打 那樣的寒冷徹骨



僕は君の全てなど 知ってはいないだろう
我雖然對妳的一切 都還不瞭解

それでも一億人から 君を見つけたよう
即使如此 我還是在一億人之中遇見了妳

根拠はないけど 本気で思ってるんだ
我沒有辦法證明 但我是認真的這麼想



些細な言い合いもなくて 同じ時間を生きてなどいけない
如果沒有那些細微的口角 是不可能彼此活在相同的時間裡的

素直に誰ないなら 喜びも悲しみも虚しい だけ
若不能坦率誠實 那麼那些喜悅與悲傷就都是虛無的



粉雪 ねぇ 心まで白く染められたらな
細雪呀 若是連心都給你染成雪白一片

二人の孤独を分け合う事が出来たのかい
是否就能分享兩人的孤獨



僕は君の心に 耳を押し当てて
我把耳朵貼近妳的胸口

その声のする方へすっと深くまで
深深貼近那聲音的源頭

下りてゆきたい そこでもう一度会おう
想朝那裡不斷的靠近 想要在那裡重新相遇一次

分かり合いたいなんて 上辺を撫でていたのは僕の方
想互相了解 想撫慰妳的 是我

君のかじかんだ手も 握り緊めることだけで繫がってた のに
明明只要緊握妳那凍僵的雙手 我們早已藉此連接在一起了



粉雪 ねぇ 永遠を前にあまりに脆く
細雪呀 前方的永遠總太過脆弱

ざらつくアスファルトの上シミになってゆくよ
就像柏油路上的一個小斑點一樣



粉雪 ねぇ 時に頼りなく心は揺れる
細雪呀 無法依靠時間的內心在動搖

それでも僕は君のこと守り続けたい
即使如此 我還是希望繼續守護妳

粉雪 ねぇ 心まで白く染められたらな
細雪呀 若是連心都給你染成雪白一片

二人の孤独を包んで空に帰すから
那就請你將兩人的孤獨一起帶回天空吧














今の気持は




この歌え..




:〔


創作者介紹

New Twenty

Akira 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()